家田 紀子(いえだ のりこ)プロフィール

 

家田 紀子(いえだ のりこ)  (HPへこちらをクリック!)

プロフィール

家田 紀子(いえだ のりこ) ソプラノ

家田紀子の歌には「花」がある。
独特の個性的な魅力で聴き手を魅了してしまう力、といってもいい。
どうしてもなくてはならぬ不可欠の要素──
これを「歌のオーラ」とよぶとするなら、
家田紀子の歌には抗し難い不可思議な「オーラ」があるのだ。
高崎保男(音楽評論家)

藤原歌劇団団員
日本オペラ協会会員
日本ロッシーニ協会運営委員
公益社団法人日本演奏連盟会員

小澤征爾指揮『スペードの女王』でオペラデビュー。
藤原歌劇団には『ラ・トラヴィアータ』アンニーナでデビュー後、
『愛の妙薬』ジャンネッタ、『カルメン』ミカエラ、『蝶々夫人』ケイト、新国立劇場『カルメン』フラスキータ、
『ドン・キショット』ペードロ、『ナブッコ』アンナ、『ドン・カルロ』テバルド、
東京室内歌劇場『ドン・キホーテ』ドゥルシネ、日本オペレッタ協会『ヴェニスの一夜』アンニーナ他多くの舞台に出演。
NHK-FMの出演ほかシンガポール、ソウル、上海、大連、台湾、アイルランド、ルーマニア他に招かれ国内外で活躍。
東京交響楽団定期マーラー『一千人の交響曲』をはじめ主要なオーケストラと共演。
オペラ『夕鶴』のプロデュース主演は日越外交関係樹立40周年記念ベトナム・ハノイ公演、
国内では文京シビック文京区制60周年記念公演、佐渡市合併5周年・アミューズメント佐渡開館15周年記念公演、
東京新潟県人会100周年記念公演他、松本や駒ヶ根等7回。
オペラ『おしち』プロデュース主演でも好評を博す。
ローマ・パリでの「つう」コンサートも話題となる。
日本オペラ協会『春琴抄』の春琴、『静と義経』北条政子、金沢にてオペラ『卒塔婆小町』で小町と老婆両役を務め成功を収める。

ソロアルバム 発売元:ナミ・レコード
「Eternamente~永遠に」(wwcc-7462)
「懐かしき想い・・宵待草」(wwcc-7535)
「プッチーニの軌跡/歌に生き 恋に生き」(wwcc-7588)

家田 紀子(いえだ のりこ)のリンク紹介!!

家田 紀子(いえだ のりこ)ホームページ  (こちらをクリック!!)

家田 紀子(こちらをクリック!)

iedanorikoinsta(こちらをクリック!)