塩塚 隆則 プロフィール

塩塚 隆則

プロフィール

千葉県出身。

第43期二期会オペラスタジオ・マスタークラス修了。
G・ジャコミーニ、渡邉誠、田中誠の各氏に師事。
東京文化会館「イルトロヴァトーレ」のマンリーコ役で12秒のハイCを決めて
「日本のKing of high C」として紹介された。

またアンドレア・シェニエを日本人として原調で初めて成功させたテノールとしても知られ
新国立劇場「蝶々夫人」ピンカートン、
「トスカ」カヴァラドッシ、
「仮面舞踏会」リッカルド、
「椿姫」アルフレード、
「道化師」カニオ、
「カルメン」ドン・ホセ、
「ヴィッリ」ロベルト、
「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ、
「ランスへの旅」リーベンスコフ、
「魔笛」タミーノ等
数多くの難役を歌うプリモテノールとしてTV、新聞で紹介されている。

また「発声を科学する」の講座を開き、
インターネットでも配信し、
門下から数多くのプリマ・プリモを輩出しその指導法は「声の魔術師」として各方面で紹介されている。

二期会会員、鎌倉オペラ主宰、日本芸術家ネットワーク理事。

 

前の記事

飯田 康弘 プロフィール

次の記事

マジシャンKAZUYA プロフィール